牛革を使ったランドセルは防水機能がついているものもあるので注目

新しい機能に注目

後ろ姿

牛革の機能

革は使っている内に味が出てくるのが良い点です。少し値段が高くなるのが難点ではありますが、それぞれの予算に合わせて安価なものも作られているので選びやすいでしょう。
機能性でいえば水に弱いというのが唯一のデメリットといえます。

防水機能がついている

せっかく丈夫でも、水に濡れてしまってカビが生えてしまうともったいないです。しかし、子どもに「水に濡れるな」と強制するわけにもいきません。
水が心配であれば防水機能がついているものを選ぶようにしましょう。多少水に濡れただけでは壊れることはありませんので安心です。

機能が充実している製品がある

ランドセルには子供が持ち運びして便利に使うための機能が様々ついています。新しい機能が搭載されることもあるため、新作には注目しましょう。
例えばナスカンです。ナスカンとは荷物をぶら下げることのできるフックのことですが、ナスカンを取り外しできるランドセルもあります。

ワンプッシュで開閉できる

ランドセルは蓋がついており、底部分に付いている錠前をロックすることで開閉が可能になります。
ネジのようにひねることでロックが解除できるのですが、ワンプッシュ機能がついていると開閉も簡単です。

底部分にも工夫がある

ランドセルを背負うと見た目や使われている素材から考えると驚くほど軽いことがわかります。素材にも工夫をして軽量化を図っているのですが、それ以外にも工夫がされています。
底部分に傾斜をつける底敷を敷くことで、いつでも荷物が背中側に倒れるようにできているのです。そうすれば背中にもたれかからせることができるため、重さをあまり感じないのです。
広告募集中